私たちについて

RTA指定スクールとは

RTA-ロイヤルセラピスト協会はお腹に命が宿ったマタニティー期から、赤ちゃん~子供までの、「親子のコミュニケーション」軸とした資格を多角的に発行している団体です。在籍するのは、ほとんど女性。そして、子育て真っ最中のママが多くを占めています。
結婚・妊娠・出産は女性の人生での大きな転換期となります。
その変化も楽しみながら資格を取っていくことが出来ます。

RTA認定資格取得講座の開催

RTA認定資格取得をご希望されている方は、RTA指定スクールに認定されている当スクールにて認定カリキュラムを受講して頂くことができます。当スクールで開講している講座科目は「ベビーマッサージ」です。これからもまだまだ認定資格を取得していきます。当スクールにて所定のカリキュラム終了後、RTA本部主催の認定試験を受けて頂きます。RTA認定資格取得後、RTAに加入し講師ライセンスを取得することでRTA指定スクールとして開業することが出来ます。トップページにてRTAのwebサイトがありますのでご参照ください。

ママフォトグラファー協会とは?

ママフォトグラファー協会(MPA)はロイヤルセラピスト協会(RTA)から「フォト」部門が独立して2018年に発足しました!!

RTAではマタニティー期から始まりベビー・キッズとのコミュニケーション講座を15年以上にわたり開発して参りました。生まれた我が子とタッチケアを通じてのコミュニケーションはベビーマッサージ・サイン・フェイスサイン・ボイスサインで赤ちゃんとお話しをするファーストサイン、こどもの言いたい伝えたいを育むファーストトーク。
そして「妊娠したその日から我が子とのコミュニケーションが始まる!」という考え野本妊婦さんとのコミュニケーションを真剣に考えるマザーリトミック。

15年以上にわたりRTAは妊婦・ベビー・キッズとのコミュニケーションのプロ集団という確固たる地位を築いてまいりました。

2015年には「ベビーマッサージの先生が撮るベビーフォト」=ベビグラファー講座がスタートし、2018年には「キッズ教室の先生が撮るキッズフォト」=キッズグラファー講座が、妊娠期間中の女性のポートレートを撮る=マザーフォトミック講座がスタートいたしました。
MPAはRTAで築いてきた「コミュニケーションノウハウ」をベースにフォト部門が独立して2018年に一般社団法人ママフォトグラファー協会として設立されました。

MPAで活躍するフォトグラファーはみんな子育て中のママ!

MPAで活躍するフォトグラファーはみんな子育て中のママです!「産後の社会復帰は復職ではなく我が子と一緒におうちスタジオで!」を考えのもと家事に育児に子育てをしながらおうちで働くママ集団・・・それがMPAです!
お問い合わせ